脱毛サロンに行ってみて感じた効果は?

脱毛サロン
私は以前に5回ほど脱毛サロンに通っていました。
その時に感じた脱毛サロンの効果と実際に多くのサイトで紹介している効果との
違いについて紹介していみます。

もちろん、脱毛の効果は個人差がありますが、
こうした意見もあると理解する事も良いと思います。

脱毛サロンで感じた効果

ミュゼと言う脱毛サロンに行ってたのですが、
ワキと背中を5回ほど脱毛しました。

結論からいうと、ワキ毛は少し毛が薄くなった感じはしましたが、
背中は効果を感じませんでした。

当然5回なら回数が少ないので大きな効果は期待できないのは仕方ありませんが、
当時は通うのも面倒になって止めました。

脱毛サロンの効果は何処も差はない

サロンの効果で理解しなければいけないのは
どのサロンでも脱毛効果に差はないということです。

というのも脱毛サロンも家庭用脱毛器も法律で毛乳頭や毛細細胞にダメージを与える事は禁止されていますので、
どの医療機関で使える脱毛機器以外は出力を抑えられています。
ですから、どんなサロンであれ、医療機関でない以上高い出力の脱毛機器は使えないのです。
実際に脱毛サロンの脱毛機器は誰でも使えますが、
医療脱毛のレーザー脱毛機器は医療機関で
医師かもしくは医師の管理下の元で看護師しか使えません。

もし、効果の高い脱毛サロンを選んでいるなら
そんなものはないと理解しましょう。

回数が多く期間が長すぎた

実は私が脱毛サロンをやめた大きな理由は、
回数が多い事で脱毛期間が長くなり過ぎるからです。

例えばですが、サロンで脱毛しようと思えば、
どんなに早くても2~3年はかかります。
全身脱毛すると、場合によっては5年くらいもかかってしまいます。

さらに私が通ってた時は、中々予約が取れず、
3ヶ月待つこともざらにありました。

実際にミュゼに行っていたときは5回で2年くらいかかったと思います。
(今は以前よりも予約は取りやすくなってらしいです9

しかもサロンは永久脱毛できないので、
再度通わなければいけない可能性もあります。

サロンを利用するならお試しから

サロンを利用するなら低価格でお試しして且つ
自分が望む脱毛をするならどれくらい料金がかかるのか決めていきます。

現在は月額制を導入しているサロンも多いですが、
最終的にかなりの金額になるように設定されていますし、
月額制でも数回利用することが条件となっております。

それらを見て、
●予約は取れるか
●トータルの料金はどのくらいか
●スタッフの対応は
●どのくらいの期間を通うのか
などを理解してからどうするか決めて下さい。

先ほどはお話したようにサロンは膨大な広告費を使っているので、
ほぼ全てのサイトに良い事が書かれています。
しかし、実際は違うという事も多々あります。

ですから、いきなり本格的な脱毛を始めるのではなく、
様子をみてから決める事をお勧めします。

医療脱毛で永久脱毛して完全にムダ毛処理

医療脱毛

脱毛する中で永久脱毛できるのは医療脱毛しかありません。
家庭用脱毛器や脱毛サロンが良いと言っても結局は減毛です。
多少なりとも必ずムダ毛が生えてくるようになります。

なので、ムダ毛の自己処理を完全になくすためには医療脱毛しかないのです。

医療脱毛の種類は?

医療脱毛には、レーザー脱毛と絶縁針脱毛の2種類があります。
まずはそれぞれの特徴を理解して下さい。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、毛根の黒い色素に光が反応し、熱の力で毛細細胞を破壊する脱毛です。
医療脱毛のほとんどはこのレーザー脱毛を行う事になります。

このレーザー脱毛は、
ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ロングパルスヤグレーザーと3つのレーザーの種類があり、
それぞれ波長が違い効果の特徴も異なります。

●ダイオードレーザー⇒痛みが少なく剛毛と産毛にバランス効果を発揮します。
●アレキサンドライトレーザー⇒痛みはありますが、剛毛に効果が高いのが特徴です。
●ロングパルスヤグレーザー⇒最も波長が長く、産毛に効果が高いのが特徴です。

どの種類にもメリットやデメリットはありますが、多くのクリニックは、
ダイオードレーザーかアレキサンドライトレーザーを利用していて、
現在はダイオードレーザーが多い印象です。

どの種類にせよ、現在は改良されて性能が高くなっているので、
脱毛されている本人は効果の違いはわからないと思います。

また、クリニックによっては2種類のレーザー脱毛機器を置いているところもあり、
患者さんの毛質や肌質、脱毛部位によって使い分ける事もあります。

絶縁針脱毛

毛穴に絶縁針を刺し、電圧を流すことで毛細細胞を破壊する方法です。
レーザー脱毛が普及する前は絶縁針脱毛が医療脱毛で行っていますが、
今ではレーザー脱毛機器の性能が高まったことで、絶縁針脱毛を行えるクリニックも少なくなりました。

特徴としては、毛穴一つ一つに針を刺すので、毛質や肌質関係なく確実に永久脱毛できる点です。
特殊なレーザー脱毛機器以外は、白髪や肌黒の人は脱毛できませんが、
絶縁針脱毛は例外なく完璧に脱毛出来ます。

しかし、レーザー脱毛に比べ、痛みも強く1回の脱毛時間も長くなります。
また料金も高いです。

先ほどもお話したように現在はレーザー脱毛機器の性能が高いので、
絶縁針脱毛を利用する必要はほとんどないと思います。

可能性としては、レーザーでは処理しきれいないヒゲやVラインくらいでしょうが、
ほとんどの人もまず必要ありません。

医療脱毛の効果は

たまに医療脱毛でも本当に薄い産毛は処理できないといっている人もいますが、
今の医療レーザー脱毛機器なら完全にムダ毛が生えなくなるまで脱毛出来ます。

もし、完全にムダ毛が生えないと言っているクリニックがあるなら、
それは旧式のレーザー脱毛機器を使っている可能性が高いです。

脱毛患者が多いクリニックや皮膚科は、最新の機器を導入出来ますが、
そうでないところは、予算の関係で効果が弱い旧式のレーザー脱毛機器を使っている可能性があります。

また、レーザー脱毛の歴史が浅く、一生毛が生えないと実証できるデーターが少ないとも言えます。
人間の身体なので絶対に生えませんと医師なら断言しにくい面もあるでしょう。

しかし、現在の永久脱毛は毛が生えてこないと言っても大丈夫だと思います。
仮に何か体の変化で生えたとしても生えたことがわからないくらいの産毛です。
毛細細胞を破壊している以上、毛が再生する可能性は少ないです。

それが脱毛サロンや家庭用脱毛器の決定的な違いです。

最終的には医療脱毛を

脱毛サロンは多くの広告費を投入している分、脱毛サロンが良いというサイトも多いですが、
それはポディショントークなので惑わされないで下さい。

ムダ毛が気になって脱毛したいなら、間違いなく医療脱毛です。

もう一度言いますが、脱毛サロンや家庭用脱毛器は正確には減毛です。
本来は脱毛というのは永久脱毛の事で、減毛することではありません。

ムダ毛処理法を理解する

どのようなムダ毛処理をするのかその特徴を理解することが必要です。
どの方法でもメリットとデメリットがありますので、
まずは基本を理解して下さい。

カミソリ

カミソリ
最も手軽なムダ毛処理法で多くの人が利用している方法です。
綺麗にムダ毛を処理出来ますが、お肌への負担も大きく、
敏感肌の人だとお肌がただれたりしますし、
シミなどの肌トラブルになる可能性もあります。

男性ならまだしも皮膚が弱い女性にはあまりお勧めできません。

電気シェーバー

電気シェーバー
お肌を傷つけることなくムダ毛処理できるのが特徴です。
最もお肌に負担がないムダ毛処理法とも言えます。

しかし、細かいムダ毛の処理はしにくく、
若干ムダ毛が残ってしまいやすいのがデメリットです。
現在は良い電気シェーバーも沢山出ていますが、
それでもカミソリに比べると剃り残しが出てしまいます。

毛抜き

毛抜き
綺麗にムダ毛が抜けるため愛用している人も多いと思います。
特に眉毛で使う人が多いのではないでしょうか。

ただ、毛抜きを使うと毛嚢炎や埋没毛になる可能性が高く、
個人的にはオススメしません。
使うとしてもたまに眉毛に使うくらいが丁度良いです。
出来るだけその他の部位には使わないようにして下さい。

除毛クリーム・脱毛ワックス

除毛クリーム
除毛クリームはムダ毛を溶かし、脱毛ワックスはムダ毛を抜いて処理します。
あっという間にムダ毛を処理でき、驚くほどお肌がツルツルになります。

しかし、最もお肌に負担がかかるのも事実で肌トラブルが多いのも特徴です。
特に敏感肌の人は一度使うだけでお肌が荒れる人も少なくありません。

絶対に使うなとは言えませんが、
たまに使う程度にして下さい。
頻繁に使っていると後々大きな肌トラブルを引き起こします。

脱毛

脱毛
ムダ毛を気にしている人は最終的に脱毛しなくてはいけません。
他のムダ毛処理法は、一時しのぎに過ぎませんので、
ムダ毛を気にする人の根本的な解決にはなりません。

一般的に脱毛の方法は3種類あります。

医療脱毛

法的に唯一認められているのが医療脱毛です。
永久脱毛は医療脱毛でしか出来ません。

以前までは医療脱毛といっても完全にムダ毛をなくすのは難しかったですが、
今は医療レーザー機器が発達して完全にムダ毛が生えないくらいまで脱毛出来ます。
最終的には医療脱毛することがおすすめです。

ただし、脱毛は保険適用外で料金が高く、
痛みも強いのでお肌への負担が大きいデメリットもあります。

脱毛サロン

まず脱毛サロンで行う脱毛は正確には減毛です。
完全に毛が生えなくなるようにすることは法律で禁止されています。

しかし、回数を増やすことで産毛しか生えないくらいまで綺麗に脱毛出来ますし、
お肌への負担も医療脱毛に比べ少ないです。

デメリットしては、回数が必要なのでとにかく長い期間通わなければいけないのと、
全身脱毛すると料金はかなり高くなります。

家庭用脱毛器

最近利用する人が増えてきたのは家庭用脱毛器。
今の家庭用脱毛器は性能が高く、わざわざ時間とお金をかけてサロンに行く必要もないくらいまでになっています。

しかし、家庭用脱毛器といっても品質はまちまちで、
価格が安い物だとあまり綺麗にはならず、なったとしても一時的なので使い続けなければいけません。

対して価格は高くなりますが、高性能の家庭用脱毛器は、
サロンと同じ脱毛が出来るうえ、サロンよりも脱毛期間が断トツに短く出来ます。

また、価格が高いと言ってもサロンに比べると全然安く、
何度でも使い続けられるのでランニングコストも安いです。
サロンだと脱毛が終わって毛が生えてきたらまたお金をかけて通わなければいけません。

ムダ毛処理のまとめ

ムダ毛が気になるなら最終的には脱毛するしかありません。
その他のムダ毛処理はあくまでも一時しのぎです。

また、脱毛するなら出来るだけ医療脱毛しましょう。
サロンも家庭用脱毛器も悪くはありませんが、
結局のところ減毛です。

医療脱毛は料金は高くなりますが、
部分的な脱毛なら今は安く出来ます。

少なくてもサロンで全身脱毛するなら、
料金的にも医療脱毛の方がコスパーが良いでしょう。

センスエピXでムダ毛処理

センスエピX

私は、色々な家庭用脱毛器を使いましたが、
その中で低価格で比較的使いやすかったのがセンスエピXです。

価格が高い家庭用脱毛器に比べれば、効果は落ちますが、
その分手軽さがあり、自宅で軽くムダ毛を薄くしたい人におすすめです。

センスエピXの効果はどうだったのか?

まず大前提にセンスエピXを全身に使ったわけではなく、
すねと二の腕にに少しムダが生えていたので、その部位のみ使いました。

使い始めてから5回くらいまではあまり効果を実感できませんでした。
今までのように普通にムダ毛が生えますし、薄くなったり、毛が抜けやすくなったりすることもありません。

しかし、6回脱毛した後から明らかにムダ毛が薄くなり、生えるのも遅くなった印象です。
さらに、10回使った後には極薄な産毛しか生えなくなりました。

ただ、そこで脱毛を止めてしまって半年たったころには以前のように毛が生えるようになりました。

もう少し続けなければいけなかったんでしょうが、使う事を止めればやはり毛が生えてきますね。
個人差はありますが、最低でも20回は脱毛した方が良いと感じました。

センスエピXの痛さは?

センスエピXの出力レベルは5段階あります。

当然レベルを試しましたが、
ほぼ痛みはありません。

レベル1や2では本当に照射出来ているのかわからないくらいです。

私のおすすめはいきなりレベル5のMAXから始める方がおすすめです。

というのも、はじめて脱毛される方は出来るだけ早く効果を感じなければ不安になり、
センスエピXを購入して失敗したと思ってしまいます。

脱毛初心者は、お肌に痛みがなければ、出来るだけ高いレベルで照射して、
少ない回数で効果を実感できた方が良いと思います。

センスエピXの機能性は?

センスエピの機能はシンプルで使いやすい印象です。

高性能の他社製品なら、
連射機能や美顔器機能など、
お肌に負担をかけないためや脱毛効果を高めるため、
ムダ毛だけではなく、お肌も綺麗にするためなどの機能があります。

家庭用脱毛器において機能がシンプルと言うのは、
絶対に良い事とは言えませんが、
はじめて脱毛器を使う人も良いかも知れません。

センスエピXのさらに詳しい機能は以下のサイトが参考になります。
私もそのサイトで購入を決めました。
参考:センスエピXのガチな口コミや効果・機能を徹底紹介

センスエピXの価格について

センスエピXの本体価格は32,184円(税込)で、
カートリッジは別売りしていません。

1台で最大30万発照射できて、
使い切ればまた新しいを購入しなければいけない仕組みです。

では30万発照射できればどのくらい使えるのかということになります。

30万発照射できれば何周も全身脱毛することが可能です。

ただ、何周脱毛できても、完全に脱毛が終わることはありません。
何故なら、センスエピXは脱毛効果が弱いので、
使う事を止めれば毛がまた生えてくるからです。

何発照射できるということはランニングコストの上で大切ですが、
効果が高くなければ、何発照射できても使い続ければいけないということです。

他製品との比較

比較
私が使った事がある家庭用脱毛器は、
ケノン、トリア、センスエピX、光エステです。

ケノンとトリアから比べるとセンスエピXの脱毛効果はかなり落ちます。
ケノンとトリアは、脱毛が終わればあまりムダ毛は生えてきませんが、
センスエピは使い続ければムダ毛が生えてくるようになります。

対して光エステと比べて脱毛効果はほぼ同じではないでしょうか。

しかし、痛みに関しては脱毛効果が高い分、ケノンやトリアの方が強くなります。
特にトリアはレーザー脱毛器なので、
かなりの痛みです。

その点、センスエピXと光エステは、痛みがほぼなく、
お肌への負担がなく使い続ける事が出来ます。

効果 痛み 価格 機能性
ケノン 高い 普通 69,800円 高性能
トリア 高い 強い 54,800円 シンプル
センスエピX 弱い 弱い 32,184円 シンプル
光エステ 弱い 弱い 10,000円~21,000円 シンプル

センスエピXのまとめ

個人的にはセンスエピXはおすすめです。

使い他としては、電気シェーバーやカミソリと併用して使うのが良いと思います。
センスエピXだけでは完全にムダ毛を処理するこことは出来ませんが、
カミソリや電気シェーバーの使用頻度を減らすことは出来ます。

そうすることでお肌への負担を減らせ肌トラブルの可能性を減らせますし、
ムダ毛も薄くしてられます。

ムダ毛処理のバリエーションと言う意味でも良いのではないでしょうか。