ホーム » ムダ毛処理 » ムダ毛処理法を理解する

ムダ毛処理法を理解する

どのようなムダ毛処理をするのかその特徴を理解することが必要です。
どの方法でもメリットとデメリットがありますので、
まずは基本を理解して下さい。

カミソリ

カミソリ
最も手軽なムダ毛処理法で多くの人が利用している方法です。
綺麗にムダ毛を処理出来ますが、お肌への負担も大きく、
敏感肌の人だとお肌がただれたりしますし、
シミなどの肌トラブルになる可能性もあります。

男性ならまだしも皮膚が弱い女性にはあまりお勧めできません。

電気シェーバー

電気シェーバー
お肌を傷つけることなくムダ毛処理できるのが特徴です。
最もお肌に負担がないムダ毛処理法とも言えます。

しかし、細かいムダ毛の処理はしにくく、
若干ムダ毛が残ってしまいやすいのがデメリットです。
現在は良い電気シェーバーも沢山出ていますが、
それでもカミソリに比べると剃り残しが出てしまいます。

毛抜き

毛抜き
綺麗にムダ毛が抜けるため愛用している人も多いと思います。
特に眉毛で使う人が多いのではないでしょうか。

ただ、毛抜きを使うと毛嚢炎や埋没毛になる可能性が高く、
個人的にはオススメしません。
使うとしてもたまに眉毛に使うくらいが丁度良いです。
出来るだけその他の部位には使わないようにして下さい。

除毛クリーム・脱毛ワックス

除毛クリーム
除毛クリームはムダ毛を溶かし、脱毛ワックスはムダ毛を抜いて処理します。
あっという間にムダ毛を処理でき、驚くほどお肌がツルツルになります。

しかし、最もお肌に負担がかかるのも事実で肌トラブルが多いのも特徴です。
特に敏感肌の人は一度使うだけでお肌が荒れる人も少なくありません。

絶対に使うなとは言えませんが、
たまに使う程度にして下さい。
頻繁に使っていると後々大きな肌トラブルを引き起こします。

脱毛

脱毛
ムダ毛を気にしている人は最終的に脱毛しなくてはいけません。
他のムダ毛処理法は、一時しのぎに過ぎませんので、
ムダ毛を気にする人の根本的な解決にはなりません。

一般的に脱毛の方法は3種類あります。

医療脱毛

法的に唯一認められているのが医療脱毛です。
永久脱毛は医療脱毛でしか出来ません。

以前までは医療脱毛といっても完全にムダ毛をなくすのは難しかったですが、
今は医療レーザー機器が発達して完全にムダ毛が生えないくらいまで脱毛出来ます。
最終的には医療脱毛することがおすすめです。

ただし、脱毛は保険適用外で料金が高く、
痛みも強いのでお肌への負担が大きいデメリットもあります。

脱毛サロン

まず脱毛サロンで行う脱毛は正確には減毛です。
完全に毛が生えなくなるようにすることは法律で禁止されています。

しかし、回数を増やすことで産毛しか生えないくらいまで綺麗に脱毛出来ますし、
お肌への負担も医療脱毛に比べ少ないです。

デメリットしては、回数が必要なのでとにかく長い期間通わなければいけないのと、
全身脱毛すると料金はかなり高くなります。

家庭用脱毛器

最近利用する人が増えてきたのは家庭用脱毛器。
今の家庭用脱毛器は性能が高く、わざわざ時間とお金をかけてサロンに行く必要もないくらいまでになっています。

しかし、家庭用脱毛器といっても品質はまちまちで、
価格が安い物だとあまり綺麗にはならず、なったとしても一時的なので使い続けなければいけません。

対して価格は高くなりますが、高性能の家庭用脱毛器は、
サロンと同じ脱毛が出来るうえ、サロンよりも脱毛期間が断トツに短く出来ます。

また、価格が高いと言ってもサロンに比べると全然安く、
何度でも使い続けられるのでランニングコストも安いです。
サロンだと脱毛が終わって毛が生えてきたらまたお金をかけて通わなければいけません。

ムダ毛処理のまとめ

ムダ毛が気になるなら最終的には脱毛するしかありません。
その他のムダ毛処理はあくまでも一時しのぎです。

また、脱毛するなら出来るだけ医療脱毛しましょう。
サロンも家庭用脱毛器も悪くはありませんが、
結局のところ減毛です。

医療脱毛は料金は高くなりますが、
部分的な脱毛なら今は安く出来ます。

少なくてもサロンで全身脱毛するなら、
料金的にも医療脱毛の方がコスパーが良いでしょう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です