ホーム » 医療脱毛 » 医療脱毛で永久脱毛して完全にムダ毛処理

医療脱毛で永久脱毛して完全にムダ毛処理

医療脱毛

脱毛する中で永久脱毛できるのは医療脱毛しかありません。
家庭用脱毛器や脱毛サロンが良いと言っても結局は減毛です。
多少なりとも必ずムダ毛が生えてくるようになります。

なので、ムダ毛の自己処理を完全になくすためには医療脱毛しかないのです。

医療脱毛の種類は?

医療脱毛には、レーザー脱毛と絶縁針脱毛の2種類があります。
まずはそれぞれの特徴を理解して下さい。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、毛根の黒い色素に光が反応し、熱の力で毛細細胞を破壊する脱毛です。
医療脱毛のほとんどはこのレーザー脱毛を行う事になります。

このレーザー脱毛は、
ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ロングパルスヤグレーザーと3つのレーザーの種類があり、
それぞれ波長が違い効果の特徴も異なります。

●ダイオードレーザー⇒痛みが少なく剛毛と産毛にバランス効果を発揮します。
●アレキサンドライトレーザー⇒痛みはありますが、剛毛に効果が高いのが特徴です。
●ロングパルスヤグレーザー⇒最も波長が長く、産毛に効果が高いのが特徴です。

どの種類にもメリットやデメリットはありますが、多くのクリニックは、
ダイオードレーザーかアレキサンドライトレーザーを利用していて、
現在はダイオードレーザーが多い印象です。

どの種類にせよ、現在は改良されて性能が高くなっているので、
脱毛されている本人は効果の違いはわからないと思います。

また、クリニックによっては2種類のレーザー脱毛機器を置いているところもあり、
患者さんの毛質や肌質、脱毛部位によって使い分ける事もあります。

絶縁針脱毛

毛穴に絶縁針を刺し、電圧を流すことで毛細細胞を破壊する方法です。
レーザー脱毛が普及する前は絶縁針脱毛が医療脱毛で行っていますが、
今ではレーザー脱毛機器の性能が高まったことで、絶縁針脱毛を行えるクリニックも少なくなりました。

特徴としては、毛穴一つ一つに針を刺すので、毛質や肌質関係なく確実に永久脱毛できる点です。
特殊なレーザー脱毛機器以外は、白髪や肌黒の人は脱毛できませんが、
絶縁針脱毛は例外なく完璧に脱毛出来ます。

しかし、レーザー脱毛に比べ、痛みも強く1回の脱毛時間も長くなります。
また料金も高いです。

先ほどもお話したように現在はレーザー脱毛機器の性能が高いので、
絶縁針脱毛を利用する必要はほとんどないと思います。

可能性としては、レーザーでは処理しきれいないヒゲやVラインくらいでしょうが、
ほとんどの人もまず必要ありません。

医療脱毛の効果は

たまに医療脱毛でも本当に薄い産毛は処理できないといっている人もいますが、
今の医療レーザー脱毛機器なら完全にムダ毛が生えなくなるまで脱毛出来ます。

もし、完全にムダ毛が生えないと言っているクリニックがあるなら、
それは旧式のレーザー脱毛機器を使っている可能性が高いです。

脱毛患者が多いクリニックや皮膚科は、最新の機器を導入出来ますが、
そうでないところは、予算の関係で効果が弱い旧式のレーザー脱毛機器を使っている可能性があります。

また、レーザー脱毛の歴史が浅く、一生毛が生えないと実証できるデーターが少ないとも言えます。
人間の身体なので絶対に生えませんと医師なら断言しにくい面もあるでしょう。

しかし、現在の永久脱毛は毛が生えてこないと言っても大丈夫だと思います。
仮に何か体の変化で生えたとしても生えたことがわからないくらいの産毛です。
毛細細胞を破壊している以上、毛が再生する可能性は少ないです。

それが脱毛サロンや家庭用脱毛器の決定的な違いです。

最終的には医療脱毛を

脱毛サロンは多くの広告費を投入している分、脱毛サロンが良いというサイトも多いですが、
それはポディショントークなので惑わされないで下さい。

ムダ毛が気になって脱毛したいなら、間違いなく医療脱毛です。

もう一度言いますが、脱毛サロンや家庭用脱毛器は正確には減毛です。
本来は脱毛というのは永久脱毛の事で、減毛することではありません。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です